1. 精子が子宮に届きづらくなる
  2. 排卵とピルの仕組み
  3. 着床しづらい子宮内膜になる
閉じる

ピルで避妊はできるの?その理由は?

女性が自主的に行える避妊の手段としてピルの使用が挙げられますが、ピルは本当に避妊効果があるのでしょうか?ピルに対する疑問やピルの種類など知らない方は意外と多いと思うので、今回このサイトではピルについて幅広く取り上げて紹介します。ピルの避妊効果以外の使い道や効果を知っていきましょう。

女性が望まない妊娠を避けたいという場合、アフターピルを使用するという方法があります。アフターピルといってもさまざまな種類がありますが、アイピルは産婦人科などでも処方してもらえるジェネリック医薬品です。アイピルを服用することで排卵を遅…

検診や検査によって月経困難症と診断を受けたら、治療を受けて改善する事をおすすめします。クリニックではホルモン薬を注射で、身体の中に直接取り入れる治療を行っているケースも少なくないようです。ただ定期的に注射を受けるのは負担と感じる方も…

ノベロンはマーベロンという低用量ピルのジェネリック医薬品です。低用量ピルの中でもエストロゲンの量が少なく、副作用が起こりにくいという特徴があります。ノベロンは避妊薬として使用するだけでなく、ニキビや生理のトラブルなどに使用されること…

最近では避妊目的で低用量ピルを服用している人が増えてきていますが、その中でも利用者が多いことで知られているのがトリキュラー21という名前のピルです。トリキュラー21は低用量ピルの中でも、ホルモン量が段階的に変化する種類のもので、元々ある…

ピルの服用が避妊を可能とするのは、上で説明してきたように、排卵を抑制すること、着床しづらい子宮内膜にすることだけではありません。精子が子宮に行きづらくなることによって避妊を可能とします。これはピルを服用することによる受精の段階での避妊効…

ピルを服用することによって、受精卵が着床しづらい子宮内膜になることも避妊を可能とする効果の1つです。精子と卵子がくっついて受精卵となればすぐに妊娠するわけではありません。受精卵が着床に失敗すれば妊娠することはないのです。妊娠が成…

ピルを飲むと望まない妊娠を避けることができることはよく知られていますが、なぜピルを服用すると避妊が可能となるのか、そのメカニズムについてはあまり詳しく知られていません。ピルを服用していると、排卵が起こらないようになるため、精子と卵子がく…

ピックアップ記事
  1. 女性が望まない妊娠を避けたいという場合、アフターピルを使用するという方法があります。アフターピル…
  2. 検診や検査によって月経困難症と診断を受けたら、治療を受けて改善する事をおすすめします。クリニック…
  3. ノベロンはマーベロンという低用量ピルのジェネリック医薬品です。低用量ピルの中でもエストロゲンの量…
ページ上部へ戻る