1. 着床しづらい子宮内膜になる
  2. 精子が子宮に届きづらくなる
  3. 排卵とピルの仕組み
閉じる

ジェネリックの緊急避妊薬「アイピル」

女性が望まない妊娠を避けたいという場合、アフターピルを使用するという方法があります。
アフターピルといってもさまざまな種類がありますが、アイピルは産婦人科などでも処方してもらえるジェネリック医薬品です。
アイピルを服用することで排卵を遅らせることができますし、子宮内膜を剥がれ落ちるのを促進するなどの効果もあります。
それによって受精卵の着床を阻止することができますし、避妊効果が得られるということです。

アイピルは緊急避妊薬なので一般的なピルのように毎日飲み続ける必要はありません。
効果を高めたい場合は性行為の後にできるだけ早く飲むことが大切です。
性行為をしてから72時間以内に服用した場合、75%以上の確率で避妊できるとされています。
また、24時間以内に服用すれば90%以上の確率で妊娠を防ぐことができます。

避妊せずに性行為をした場合は妊娠の可能性があります。
望まない妊娠を防ぐ場合、アフターピルなどを利用する必要があるでしょう。
アイピルの主成分は安全性が高く、国際的にも信頼されている緊急避妊薬です。
アイピルはジェネリック医薬品なので価格が安いですし、気軽に購入できるというメリットもあります。
ジェネリック医薬品というのは元の薬と同じ成分で作られているため、ほとんど同じ効果が得られるということです。

アイピルは他のアフターピルと比べて副作用のリスクが少ないとされています。
しかし、緊急用のピルなので服用の際には注意が必要です。この薬を服用することで一時的にホルモンバランスが乱れます。
それによって妊娠を阻止するという仕組みですが、一時的でも体内のホルモンバランスは大きく変化することになりますし、体への負担が大きくなってしまうと知っておきましょう。

アイピルなどのアフターピルを服用した場合、吐き気や頭痛、倦怠感、乳房の張りなどといった症状が出てしまうことがあります。
しかし、このような副作用は一時的なものですし、服用を始めて1~2日程度ですぐに治まると言われています。

性交渉から24時間以内なら95%の避妊成功率

アイピルは24時間以内の性交渉なら95%の避妊成功率を誇っています。
もちろん100パーセントの成功では無いので、確実に避妊したいのであれば、性交渉時にコンドームを付けてもらう必要があります。
しかし、引っ込み思案の女性にとってはなかなか男性に自分から付けてと頼むのは難しいです。
そこで開発されたのがアイピルです。
一見普通のピルと変わらない形状ですが、これはアフターピルに該当しますので、性交渉が一段落付いてから飲んでも一定上の効果を発揮出来ます。
服用すると吐き気やめまいなどの軽い副作用が出ますが、そこまで気にする必要はありません。
アイピルを何度か利用すると体が慣れるので、軽度の副作用は気にならなくなります。
通常のピルだと性交渉する前に飲まないと十分な効果が得られないのがほとんどです。
これは体への負担を少しでも軽くするためと、成分が体に行き届くのに時間がかかるからです。
アイピルなら女性の体に極力負担がかからない成分で構成されていますので、緊急避妊薬としては最適です。
研究を重ねて瞬時に体の内部に成分が溶け出すことに成功しました。
24時間以内なら避妊成功率が9割を超えますが、ギリギリの時間に飲んで後悔しないように早め早めに行動しましょう。
聞き慣れない言葉として疑心暗鬼になっている人には、あえてジェネリック医薬品であることを紹介します。
実際の現場で用いられるれっきとした医薬品なので、世間一般に知れ渡っている実績のあるピルと信頼性はほとんど変わりません。
どうしても妊娠したくないけれど、その場の雰囲気を大切にする人にとって性交渉は避けられない場面が出てきます。
そんなときにおすすめ出来るピルがアイピルになります。

おすすめ記事

  1. 精子が子宮に届きづらくなる
  2. 着床しづらい子宮内膜になる
  3. 排卵とピルの仕組み
ピックアップ記事
  1. ピルは毎日服用することで避妊効果を発揮する薬です。しかし、うっかり飲むのを忘れてしまった場合、正…
  2. 女性が望まない妊娠を避けたいという場合、アフターピルを使用するという方法があります。アフターピル…
  3. 検診や検査によって月経困難症と診断を受けたら、治療を受けて改善する事をおすすめします。クリニック…
ページ上部へ戻る