1. 精子が子宮に届きづらくなる
  2. 排卵とピルの仕組み
  3. 着床しづらい子宮内膜になる
閉じる

価格が安めのアフターピル「アンウォンテッド72」

ピルは毎日服用することで避妊効果を発揮する薬です。
しかし、うっかり飲むのを忘れてしまった場合、正しく効果が得られないこともあります。
緊急的に否認したい場合に便利なのがアフターピルという薬です。
アンウォンテッド72はアフターピルの一種であり、緊急避妊薬として使用されています。

アンウォンテッド72はジェネリック医薬品なので先発医薬品よりも価格が安くなっています。
緊急事態に備えてストックしておきたいという場合、価格が安めのジェネリック医薬品を選んだ方が良いでしょう。
ジェネリック医薬品は不安という人もいるかもしれません。
しかし、先発医薬品と添加物が違うだけですし、主成分は同じなのでほとんど同じ効果が期待できます。

アフターピルというのは避妊に失敗した時に緊急的に避妊をするために使われる薬です。
アンウォンテッド72は性行為をしてから72時間以内に服用することにより、ホルモンバランスを変化させて排卵を遅らせたり、排卵を抑制することで受精することを回避することができます。
中絶の効果はないため、受精卵が子宮内に着床してから飲んでも効果はありません。
大切なのは性行為をしてからできるだけ早く飲むということであり、早く飲むほど避妊の成功率は高くなります。
望まない妊娠は女性の心身に大きな負担をかけますし、アフターピルが手元にあると安心です。

アンウォンテッド72に含まれている成分は排卵を止めるという効果があります。
受精することを未然に防ぐことができますし、万が一受精しても子宮内に着床するのを防ぐという効果も得られます。
避妊の成功率は飲むタイミングによっても変わってきますが、80%程度と言われています。

アンウォンテッド72を初めて服用する場合、まずは婦人科などで診察を受けるのがおすすめです。
万が一体質に合わなかった場合は副作用のリスクもありますし、正しい飲み方を守るようにしましょう。
副作用として吐き気などがありますが、飲んですぐに薬を吐いてしまうと効果がしっかり発揮されなくなります。

安いのが嬉しい、ジェネリックの緊急避妊薬

アンウォンテッド72はジェネリック医薬品なので比較的安価な金額購入できます。
ジェネリック医薬品は新薬の特許が切れたときに同じ有効成分を使って作られた薬です。
効能や安全性は既に確認済みなので安心して購入できるのがアンウォンテッド72の魅力と言えるでしょう。
新薬を開発するときは長い期間かけて実験を行います。
避妊用ピルなら臨床実験を行い患者が服用をする、その過程で見つかる副作用といったものを確認するため販売まで時間がかかるのが特徴です。

大体新薬の開発は10年やそれ以上かかるためコスト面の影響で新薬の値段も高くなるのがネックとなっています。
ジェネリック医薬品のアフターピルなら既に決まった成分を使い作られるので開発費や販売費をかなり抑える事ができるのがメリットです。
これにより安い金額を実現しているのでアフターピルとして重宝するでしょう。
効果もそのままなので品質の高い内容が魅力です。

病院内でもらうときには医師にジェネリック医薬品に変更したいと伝えて専用のカードを提示すると対応してくれます。
薬局でも女性用の妊娠を回避できるアンウォンテッド72を手に入れる事ができるので知っておくと良いです。
こちらは薬局に行き処方箋の変更不可の欄を確認します。チェックが付いていない薬はジェネリック医薬品に変更仕様です。

通常のアフターピルだと相場は3000円程度と言えます。
アンウォンテッド72なら1500円ほどの金額で購入できるのでコスト面が優れているといえるでしょう。
日本で気軽に購入する場合は海外の通信販売業者を使うのが良いです。
こちらは定価よりも割引価格で手に入れることができます。相場は1100円程度で注文数により割引率が変化するのが特徴です。

おすすめ記事

  1. 精子が子宮に届きづらくなる
  2. 着床しづらい子宮内膜になる
  3. 排卵とピルの仕組み
ピックアップ記事
  1. ピルは毎日服用することで避妊効果を発揮する薬です。しかし、うっかり飲むのを忘れてしまった場合、正…
  2. 女性が望まない妊娠を避けたいという場合、アフターピルを使用するという方法があります。アフターピル…
  3. 検診や検査によって月経困難症と診断を受けたら、治療を受けて改善する事をおすすめします。クリニック…
ページ上部へ戻る