1. 精子が子宮に届きづらくなる
  2. 着床しづらい子宮内膜になる
  3. 排卵とピルの仕組み
閉じる

月経困難症の治療にも!超低用量ピル「ヤーズ」

検診や検査によって月経困難症と診断を受けたら、治療を受けて改善する事をおすすめします。
クリニックではホルモン薬を注射で、身体の中に直接取り入れる治療を行っているケースも少なくないようです。
ただ定期的に注射を受けるのは負担と感じる方も多いのではないでしょうか。
できるだけ注射での治療は避けたいという場合は、ヤーズでの治療がおすすめです。

ヤーズは超低用量ピルの1つで、国内では月経困難症の治療のみに処方されます。
エチニルエストラジオールとドロスピレノンという、ホルモン製剤が主成分として含まれているのが特徴です。
エチニルエストラジオールは卵胞ホルモン、ドロスピレノンは黄体ホルモンという女性ホルモンと同じ作用をします。
ピルであれば月経困難症の治療に効果を発揮しますが、ヤーズの場合「副作用が起こり難い」という点がポイントです。

ホルモン製剤の含有量が多ければ多いほど、効果・効能もアップします。
ですが有効成分の量が多ければ良いというものではありません。
ピルの場合、服用する事によって体内のホルモン量が劇的に変化します。
ホルモン製剤の量が多いピルだと、急激なホルモンバランスの変化に身体がついていけず、副作用が出るケースも少なくありません。
超低用量ピルのヤーズであれば、効果・効能を発揮するだけの最低限のホルモン製剤しか含まれていないので、副作用を起こしにくいのが特徴です。

不正出血が起こる場合もありますが、飲み始めの時に起こりやすい副作用です。
1シート目で不正出血が止まったら問題はありません。
もし3シート続けて服用しても不正出血がある、吐き気や頭痛といった症状が続くという場合には医師に相談しましょう。

ピルは吐き気などの副作用が大きいというイメージを持つ方も、ヤーズであれば安心して治療に取り入れる事ができるでしょう。
ヤーズは子宮内膜が厚くなるのを防いで、生理痛や月経量が増えるといった症状を緩和する効果を発揮します。
生理は毎月やってくるものですので、少しでも辛い症状が無くなるようヤーズで治療してみてはいかがでしょう。

病院の検査によって月経困難症と診断されたら、健康保険が適用されるので金銭的にも続けやすくなります。

吐き気やPMSなどの副作用が少ない

ピルには色々な種類のものがあり、体の状態や目的によって種類の使い分けが行われていますが、ヤーズは数多くあるピルの中でも含まれているホルモン製剤の量が少ないため副作用があまり無いという点が大きな特徴です。
多くのケースでは服用の初期段階は体が慣れるまでに時間を必要とするため、副作用が多少出やすくなりますが、それでも他のピルに比べると体への負担が少なく済んだという人が多いようです。

月経困難症は生理痛が重く、生活に支障をきたすほどの症状が出る症状なので、検査を行って月経困難症だと診断をされた場合には治療を開始する必要が出てきます。
例えば、注射によるホルモン補充野治療法では、注射をした時に一気に女性ホルモンが体の中に入るので、副作用も強く出てしまう可能性があります。

それに比べるとヤーズを内服して治療を行う方法は体の中に入るホルモン量が少なく、体への負担が少ないため、吐き気などの副作用も出にくくなっています。
月経困難症は検診の際に指摘をされて、月経困難症であるということに気付くこともあります。
もしも、月経困難症だと診断を受けた場合には医師の説明をよく聞いたうえで適切な治療法を選択するようにしましょう。

ヤーズの服用を開始すると、開始後の最初の段階では吐き気を感じたり出血を起こすことがありますが、何度か生理周期を繰り返しているうちに副作用の症状はなくなり、月経困難症の病状も徐々に良くなってくるはずです。
服用後、しばらくすると体の中のホルモンバランスが安定してくるので辛かった生理痛が和らぎ、生理の出血量も落ち着いてくるでしょう。
ただし、副作用が強すぎて我慢できない場合はすぐに医師に相談しましょう。

おすすめ記事

  1. 精子が子宮に届きづらくなる
  2. 着床しづらい子宮内膜になる
  3. 排卵とピルの仕組み
ピックアップ記事
  1. 検診や検査によって月経困難症と診断を受けたら、治療を受けて改善する事をおすすめします。クリニック…
  2. ノベロンはマーベロンという低用量ピルのジェネリック医薬品です。低用量ピルの中でもエストロゲンの量…
  3. 最近では避妊目的で低用量ピルを服用している人が増えてきていますが、その中でも利用者が多いことで知られ…
ページ上部へ戻る