1. 精子が子宮に届きづらくなる
  2. 着床しづらい子宮内膜になる
  3. 排卵とピルの仕組み
閉じる

アーカイブ:2018年 1月

ピルの服用が避妊を可能とするのは、上で説明してきたように、排卵を抑制すること、着床しづらい子宮内膜にすることだけではありません。精子が子宮に行きづらくなることによって避妊を可能とします。これはピルを服用することによる受精の段階での避妊効…

ピルを服用することによって、受精卵が着床しづらい子宮内膜になることも避妊を可能とする効果の1つです。精子と卵子がくっついて受精卵となればすぐに妊娠するわけではありません。受精卵が着床に失敗すれば妊娠することはないのです。妊娠が成…

ピックアップ記事
  1. ピルは毎日服用することで避妊効果を発揮する薬です。しかし、うっかり飲むのを忘れてしまった場合、正…
  2. 女性が望まない妊娠を避けたいという場合、アフターピルを使用するという方法があります。アフターピル…
  3. 検診や検査によって月経困難症と診断を受けたら、治療を受けて改善する事をおすすめします。クリニック…
ページ上部へ戻る